• 40代・50代、シニア世代のための川崎市麻生区在住の独立系FP

年金の「未納」等がある60歳以上の方でも年金額を増やすことができます

  • 2020年7月24日

60歳以上の個人事業主や自営業の方で、やむを得ない事情により国民年金保険料を納められなかった期間や、国民年金に加入していなかった期間があって、その期間に応じて65 歳から受け取る老齢基礎年金が少なくな …

続きを読む


自営業者でも退職金を貰える

  • 2019年8月27日

一般に自営業者は、会社員と比べると公的年金が少なかったり、収入が安定しない等で、老後が心配だと考えている方が多いのではないでしょうか。 実は自営業者にとって退職金がわりになる「小規模企業共済」という制 …

続きを読む


パートナーが先立った後の「遺族年金」も確認しておきましょう

  • 2019年6月30日

老後のお金を考える場合、配偶者が先立った後のことも頭に入れる必要があります。 平均寿命から考えると、女性の方が長生きです。夫が亡くなれば「遺族年金」を受け取ることができますが、受給額は夫の職業や収入、 …

続きを読む


年金繰り下げは、加給年金額との比較検討も忘れずに

  • 2019年6月14日

公的年金は基本的に65歳から受け取れますが、65歳より後に「繰り下げる(遅らせる)」ことで、受け取る年金を増やすことができます。 70歳まで繰り下げると年金額は42%も増えることになるので、非常に魅力 …

続きを読む


60歳以降の働き方で年金が減ることも

  • 2019年6月11日

「老齢厚生年金」を受け取る資格のある方が、厚生年金保険被保険者として就労する場合、老齢厚生年金額と賃金との合計が一定の基準を超えると、超えた額に応じて年金額の一部または全部が支給停止されます。これを「 …

続きを読む


定年後の給料ダウンを補う給付金

  • 2019年6月10日

60歳で定年を迎えても、同じ会社で再雇用され、60歳以降も引き続き勤務する人は多いのではないでしょうか。 ただし再雇用制度などによって役職がはずれたり雇用条件が変わったりするため、賃金額が減少するのが …

続きを読む


会社員にとって企業年金・退職金は老後を支えるもう一つの柱

  • 2019年6月2日

老後を支えるもう一つの柱である「企業年金・退職金」をみていくことにしましょう。 会社員であれば、自分の会社の企業年金や退職金の仕組み、何歳からいくら受け取れるのかを理解しておくことが大切です。 自分が …

続きを読む


リタイア後の収入の柱は「公的年金」

  • 2019年6月1日

ここからはリタイア後の収入項目をみていくことにします。 皆さんがまず頭に思い浮かぶのが「公的年金」でしょう。 ところで自分の年金がいつからどのくらいもらえるのか、把握されていますか。 「公的年金」は、 …

続きを読む


医療費や介護費には自己負担が軽減される仕組みがある

  • 2019年5月31日

老後の最大の不安は、なんといっても健康です。 突然やってくることが多い病気と介護。 リタイア後の医療や介護にかかるお金もあらかじめ考えておかなければなりません。 ここで皆さんにぜひ知っていただきたいの …

続きを読む